Apogee Acoustics - DIVA



さて、今回が恐らく学生としてのステータスで書く最後の記事になると思います。

そして学生生活を締め括る記事として、このスピーカーのレビューを書ける事は非常に感慨深いものがあります。






目次

1.導入のきっかけ

2.修理

3.測定

4.聴感レビュー






1.導入のきっかけ

            Duetta Ultimate(左) / DIVA(右)


元々大学1年生の頃にApogee社最初のモデル「Stage」を導入し、それ以降

・大学2年時にDuetta Signature

・大学3年時にDuetta Ultimate(Duettaのフルレストアモデル)

を導入し、まさに大学生活はApogeeと共にありました。


Apogeeの動作原理や問題点、Apogee遍歴については、過去に書いたDuetta Ultimateの記事に書いてます↓


やはりここまで来たからには「いつかはDIVA」という思いも当然ありました。


しかし、さすがはフラッグシップモデル

・個体数がそもそも非常に少ない

・状態が良い個体は、オーナーが手放さない

という事で、暫く時間がかかるかなと思っていました。


が、導入のチャンスは本当に突然やってきました。

2021年頭にDouble Woofers会長のNazo_otoko様からのお声掛けで、少し難ありのDIVAを譲っていただける事になりました。


なんと会長はDIVAを2ペアお持ちという事を最初伺った時は非常に驚きました。

さすがです。






2.修理

譲っていただけたDIVAですが、これはDIVA関係なく起こるApogeeの症状として

1.低域ダイヤフラムのBuzz(いわゆる振幅ノイズ)

2.高域ダイヤフラムのテンション低下

3.接触不良

が主にあります。


1.に関してはもうどうしうもないので、張り替える他ありません。

張り替えに関しては2年後をめどに予定しているので、その際にブログで書きます。


2及び3がこのDIVAの症状としてありました。

2.は経年劣化

3.はアルミ同士をビスの力のみで固定するデザイン上の問題

だと推測できます。


なので修理をしましたが、最初に言いますがここで紹介する修理方法については「完全自己責任お願いします



上図はツイーターのターミナル部分。

ビスを外し、ダイヤフラムの固定板を外した所です。



手順としては簡単で

1.ビスを外し、図の状態にする。

2.接点を外し、ダイヤフラムをフリーな状態にする

3.ダイヤフラム適当なテンションをかけ、ダイヤフラムの端をテープで固定。

4.ダイヤフラムをテープで固定したまま、極性板を接続、接点とする。

5.固定板及びビスを付け、最初の状態に戻す


この5ステップで簡単に出来ます。




それでここからが応用編

・ダイヤフラムが何かしらの影響で接点部分に不具合が生じたとき


これにはまず、要らなくなったApogeeのダイヤフラムが必要になります。

私は大学2年の時に買った、ジャンクのDuetta Signatureのダイヤフラムを用いました。


1.接点付近のダイヤフラムを切断

2.切断されたダイヤフラムと、Duetta Signatureのダイヤフラム片「両方の裏側」をカプトンテープで固定

3.特殊はんだ(※2)で「両方の表側(銀色部分の3列各々を)」はんだ付けをする

このアルミはんだは、ちゃんとアルミに付きます。

画像はダイヤフラムとアルミの試料を、試し付けした時の様子です


これで長さを復元しつつ、接点を復活させます。


(※2)日本スペリア社 - アルミ用はんだ






3.測定

DIVA測定に関しては、極めてコンディションの良いNazo_otoko邸の固体のものを、訪問記に書いてあります。







4.聴感レビュー

まずApogee独特の澄んだ開放的な音であることは勿論の事、DuettaやSTAGEとは全く異なる部分が

・圧倒的な中域部分の量感/解像感といった充実感

・低域の厚みや伸び

を一聴して判りました。


そして何よりDIVAという名前が示しているように、ボーカルの表現はまさに凄まじいものがあります。


これに関しても、Nazo_otoko邸の訪問記に書かせていただいてますが、今回実際に導入してみて改めて体感しました。


一例を挙げるとゲームPERSONA5の中から「全ての人の魂の詩」

この曲はボーカルの抑揚や、消え際の儚さなどが要求されます。


DIVAはその様な要素を表現するのはお手の物で、さらにボーカルの音階がどの様に変化しても質感も定位も変わりません。


やはり同一のアルミニウム/カプトン蒸着振動板という構造と、位相特性が極めてフラット故のクロスオーバーの組みやすさと、繋がりの良さが要因としてある気がします。


動画越しでは1割も伝わらないとは思いますが、物は試しで動画をあげてみます。







最後にDIVAを譲ってくださったNazo_otoko様、そしてDIVA運搬と修理の際のリフトアップを一緒にしてくれた友人達にここで感謝をさせていただきます。


本当にありがとうございました。

大学生活の素敵な締めになりました。








This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now